1. >
  2. 思春期ニキビは皮脂量のコントロールが必要

スキンケアラボ50

思春期ニキビは皮脂量のコントロールが必要

思春期ニキビは未熟な毛穴に皮脂が溜まる事で発生します。

この思春期ニキビだけは皮脂量をコントロールする事で予防と治療が出来ます。

では、どうすれば皮脂量をコントロールする事が出来るのでしょうか?

実は、お肌の表面からだけではなく食事からも皮脂量をコントロールする事が出来ます。

皮脂の過剰分泌は、生まれ持った体質も多少は関係しますが、カロリーの高い食べ物の摂り過ぎが原因になっているケースも多いのです。

甘い物や脂っこい物、刺激物などは皮脂分泌を盛んにし、ジャンクフードはカロリーが高い上に脂肪の代謝を促すビタミンやミネラルが足りません。

脂身の多い肉や植物油は出来る限り控え、野菜、魚、果物を積極的に摂る様にしましょう。

皮脂量のコントロールに効果がある代表的な栄養素を挙げてみます。

緑黄色野菜や魚に多く含まれるビタミンB2は脂肪の代謝を良くし、皮脂の分泌も抑えてくれます。

緑黄色野菜、果物、芋類に多く含まれるビタミンCは、代謝を良くするだけではなくシミやそばかすの原因になるメラニン色素の沈着も防いでくれるので美肌効果も期待出来ます。

緑黄色野菜、果物、海藻に多く含まれる食物繊維は便通を良くし、脂肪や糖分を吸収して体外へと運び出してくれます。

秋刀魚、鯖、鰯などの青魚に多く含まれるDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸には中性脂肪やコレステロール値を下げる作用があるので脂肪の代謝を良くしてくれます。

ニキビで悩んでいる思春期の方は これらの栄養素が含まれた食品を積極的に摂る様にして、皮脂量のコントロールをしてみると良いでしょう。